2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.13 [Sun]

2/18(OSAKA) & 19(TOKYO) -TAKE WARNING

20110219_asherg.jpg




Rock a shacka,Club Stereo & Solid Rock present
■■■ TAKE WARNING ■■■
Special Guest from UK
ASHER G -Rock Steady Daddy-

■ OSAKA ■

2/18(Fri) at Club Stereo(Namba Osaka)
大阪市浪速区難波中2-11-1 なんばピア6026
(難波ロケッツ南側、ゴルフショップ北向い。旧SAOMAI)

★Special Guest From UK★
ASHER G -Rock Steady Daddy

★DJ★
PIRATES CHOICE &
TOMMY(ROCK A SHACKA)
YODA,OHMI (Musically)
NIKI-T(HISTORY OF REGGAE/FIRE CORNER)

TEL: 06-6634-4141
ADM: 2000Yen 10:00PM?4:00AM

▼Club Stereo
大阪市浪速区難波中2-11-1 なんばピア6026(難波から南海高架下を南へ。ロケッツ次ぎの角を曲がる。旧サオマイ。)
06-6634-4141

■ TOKYO ■
2/19(Sat) at Star Lounge(Shibuya Tokyo)
東京都渋谷区宇田川町4-7トウセン宇田川ビル1F

★Special Guest From UK★
ASHER G -Rock Steady Daddy

★DJ★
PIRATES CHOICE &
TOMMY(ROCK A SHACKA)
SOLID ROCK CREW
(Katafuchi, Tetsu, Nabe, Harashi, Macha, Micchie, Jet T)

TEL: 03-6277-5373
ADM: 2500Yen(1D) 11:30PM?5:00AM

▼Solid Rock マイスペース http://www.myspace.com/solidrockweb
▼Solid Rock ミクシィコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=3139437
▼Star Lounge
東京都渋谷区宇田川町4-7トウセン宇田川ビル1F(東急ハンズ正面口の真向かいのビルの1F)
TEL:03-6277-5373
http://www.starlounge.jp/


ASHER G, the “ROCK STEADY DADDY”


George Walcott (aka Asher G) was born in 1961 to Jamaican parents and raised in north London, a street away from where Equals front man Eddy Grant lived. His father was a tailor and the owner of a sound system called Count Wally the Mighty Hi-Fi, so their house was filled with records and music. Young George thrived in this environment and busied himself from an early age selecting records from his father’s collection.

George Walcott (別名Asher G)は1961年ジャマイカ人の両親の元に生まれ、Equalsのフロントマン、Eddy Grantが住んでいた北ロンドンの町で育てられた。父は仕立屋でありながら、Count Wally the Mighty Hi-Fiというサウンドを持っていたので、彼の家には音楽やレコードがあふれていた。若いGeorgeはこの恵まれた環境で育ち、幼い頃から父のレコードを選曲するのが大好きだった。

At the beginning of the 1980s, Count Wally gave up his sound system and presented George with his record collection containing many thousands of 45s. At a time when most reggae DJs were playing Upsetter and Augustus Pablo productions, Asher G was carving out his own distinctive style, selecting unusual instrumentals from Derrick Harriott and Harry Mudie, plus titles from the likes of Eric Morris, Glen Adams, Toots Hibbert and Jackie Mittoo.

80年代初期Count Wallyはサウンドをやめ、Georgeが何千枚もの45sコレクションを引き継いだ。その時代、殆どのセレクターはUpsetterや Augustus Pabloの曲をプレイしていたが、Asher Gは自分独自のスタイルを築いており、Derrick HarriottやHarry MudieのアンユージュアルなインストやEric MorrisやGlen Adams、Toots Hibbert、Jackie Mittoo等のアーティストの曲をプレイしていた。

In November 2008, Asher G was chosen by a sizeable crowd at a clash in north London as the revival king of the UK, beating the other finalists RS Digital, Jesse James and Gladdy Wax to pick up a prize of ?1,000, as well as of course the distinction of the title. Not that his nomination came as any real surprise – he had already been considered by many to be the London reggae revive master for the previous 25 years.

2008年11月に北ロンドンで行われたクラッシュでは、RS Digital、Jesse James、Gladdy Waxの強豪を退け、ビックマネーとRevival Kingの栄冠を勝ち取った。既に彼は過去25年間ロンドンのRevive Masterの名を欲しいままにしていたので、その勝利は当然の結果だったと言えるだろう。

Penny Reel – January 2011


ここで少し、UK のビンテージ・クラッシュについて書いておこう。

ビンテージ・クラッシュはラガのサウンドクラッシュと違いヴァイナルをプレイする。ダブは基本使わない。スカ、ロック・ステディ、レゲエ・ボーカル、ルーツ・ロック、インスト等のセグメントを各3曲ずつプレイする。ジャッジはオーディエンスの反応と選曲のオリジナリティ等をポイントとし採点。チャンピオンを決める。 レアなロック・ステディをプレイすれば勝てるというものでは無く、そのトーナメントを勝ち抜く為には音に五月蝿いUKのオーディエンスを喜ばせ、それぞれのセグメントでコレクタブルかつ、素晴らしい、でも自分しかプレイしないチューンを選曲しなければならない。

そんなロンドンのビンテージ・クラッシュのチャンピオンであるアッシャーGは、一体どんなレコードを持ってくるのだろう。「ロック・ステディ・ダディ」の異名を持つベテランのセレクションを楽しみにしよう。
21:22  |  EVENT  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |